交通事故問題でお悩み方へ

交通事故は、本当に突発的に起こります。

そのため、事故に遭ってしまうと、心の準備もありませんので、「何をどうすればよいか分からない。」という状況に陥りやすいものです。

 

さらに、その後の対応の中でも、「保険会社からの提示額が妥当なのか分からない。」「まだ治療が必要だが保険会社から治療費の打ち切りを告げられた。」「保険会社から自分にも過失があると言われている。」などの不安やお悩みを抱えられるケースが数多くあります。

75783184ad117395052e570a6344e42d_m.jpg


交通事故により、肉体的にも精神的にも大きな負担を負っている被害者にとって、このような状況は、少しでも早く改善されなければなりません。

 

特に、保険会社とのやり取りは、被害者にとって大きな負担となります。また、あまり知られていないことですが、保険会社は、示談交渉において、賠償金をできるだけ低く抑えようとし、適切な賠償金が支払われないことがあります。


また、示談の際、保険会社は、ときには不正確な表現を用いるなどして、被害者を丸め込もうとするかもしれません。

被害者の中には、「専門家である保険会社が言うことだから、この金額は妥当なのだろう」と思って、賠償金額に疑問を持たずに、保険会社の提示金額のまま納得される方もいらっしゃいます。そのため、結果的に適切な賠償金が支払われません。

保険会社の被害者に対する賠償金の提示額は、裁判基準からすると、適切でないことが多く、
弁護士が保険会社と交渉することにより、より多くの賠償金を受け取れることが多いのです。

また、交通事故後、保険会社との間でいったん示談をすると、示談書で定められた金額以上の請求権は放棄するとの条項が定められるのが通常です。

そのため、
本来、示談金よりも高額な金額を取得できる場合であっても、一度示談してしまうと、原則として示談金以上の請求はできず、泣き寝入りせざるをえなくなってしまうのです。

この点、弁護士が保険会社と交渉した場合、保険会社に丸め込まれたり、泣き寝入りするリスクはありません。そのため、保険会社が提示していた金額よりも、多くの賠償金を受けることができるようになります。


したがって、交通事故の被害にあった場合は、より適切な賠償金額の獲得するために、まずは弁護士にご相談すること
をお勧めします。

交通事故に遭遇してしまい、賠償請求や示談に関してご不安やご不満がございましたら、お気軽に
弁護士法人ラグーンまでご相談下さい。


初回相談料金0円、着手金0円、交通事故のご相談はラグーン若松へ!083-234-1436 年中無休 平日 9時~18時 土・日・祝 10時~16時 WEB相談 お問い合わせはこちら 

HOME

事務所紹介

弁護士紹介

相談の流れ

解決事例