治療費の支払いを拒否された被害者が訴訟提起により判決で賠償を受けることができた事案


概要


被害者の属性 70代 女性 無職
事故の分類

タクシー乗車中の事故

負傷部位 足指
傷病名 中足骨骨折
後遺障害等級 なし
賠償金額 約200万



依頼のきっかけ

 依頼者は,タクシーの後部座席に乗車する際,左足が車内に完全に入っていないにもかかわらず,運転手が漫然と後部座席のドアを閉めたため,ドアに足の甲部を挟まれ,中足骨を骨折するという傷害を負いました。

 依頼者はすぐにタクシーの運転手に抗議をしました。しかし,タクシー会社は,足を挟んでしまった事実は認めたものの,中足骨の骨折は事故と無関係であると主張をして,治療費の支払いを一切拒否しました。

 依頼者は,タクシー会社の不誠実な対応に憤りを感じましたが,法的な解決に委ねるべきであると考え,ラグーンに依頼されることを決断されました。


 

交渉の経緯

 ラグーンでは,まずは速やかに主治医との面談を実施しました。主治医の見解は,骨折線を確認したところ,比較的新しいものであること,依頼者が訴える事故態様と甲部の負傷状況が一致することから,事故との因果関係は認められるというものでした。

 主治医の見解をもとに直ちに保険会社との交渉を始めましたが,保険会社は医学的な根拠を示すことなく,治療費等の支払いを拒絶しました。

 そこで,ラグーンでは,やむなく自賠責保険会社に対して仮渡金の請求を行うことにしました。仮渡金の請求は,通常の被害者請求(治療費,慰謝料,休業損害等)とは異なり,緊急で金銭が必要な被害者に対して概ね2週間程度で一時金の支払いがされるという制度です。本件では,治療に専念をしなければいけない状況であるにもかかわらず,治療費が支払われず,かつ,依頼者も経済的に余裕があるわけではなかったため,再優先で仮渡金の請求をすることになりました。

 仮渡金請求の結果,40万円の仮渡金が支払われ,当面の治療費,生活費を確保することができました。

 その後,保険会社と交渉をしましたが,保険会社は一貫してタクシー会社の責任を否定したことから,自賠責保険会社に対して,本請求(治療費,慰謝料,休業損害等)を行い,自賠責保険の支払いでは不足する部分について,タクシーの運転手及びタクシー会社を被告として訴訟提起を行いました。

 訴訟提起後,加害者は,被害者の主張する事故態様は信用できないものであること,仮に因果関係があるとしても被害者に素因があること等を主張して,責任を否定する主張に終始しました。

 期日を重ね,裁判所から,事故との因果関係を認め,かつ素因減額を認めない内容の和解案が提示されましたが,加害者側はこれを拒否したことから,証拠調べ手続を経て,最終的に,判決に至りました。

 判決では,和解案とほぼ同様な認定がされ,事故との因果関係が認定され(依頼者が主張する事故態様が認定され),かつ素因減額も認めないという判断がなされました。これに,弁護士費用や遅延損害金も認定されました。


弁護士の目

 保険会社は,事故と負傷の因果関係について疑問があるケースでは治療費等の支払いを拒否することがあります。実際に事故で怪我をしている被害者からすれば,事故で怪我をしたにもかかわらず,治療費を負担しなければならず,このような対応に到底納得することはできません。経済的に余裕がなければ,治療が必要であるにもかかわらず,治療を受けることすらできなくなります。

 このような場合に,加害者側の任意保険会社と医学的な資料をもって交渉することも重要ですが,一度支払い拒否の判断が示されたケースでは,通常は交渉によっても任意保険会社が対応を変えることは少ないように感じます。そのため,被害者側としては,他に選択しうる手段がないか,柔軟に検討する必要があります。しかし,突然,事故にあった被害者にとって,そのような手段について十分な知識はないのが通常です。保険制度は非常に複雑であり,専門的な知識を要する分野ですから,仮に一定の知識があっても,事故にあって動揺している被害者が適切な選択肢を選択できるとは限りません。

 本件もまさにそのような状況に置かれた事案でした。自賠責保険に対する仮渡金の請求,本請求,訴訟提起という流れで進めましたが,これ以外にも,社会保険の活用,仮払い仮処分等の裁判手続の利用が考えられます。多様な選択肢の中から,専門的な判断に基づき,適切な選択をすることが二次被害,三次被害の発生を防止し,真の被害者救済につながるものであると考えられます。





ラグーンの解決した交通事故事件一覧


NEW 裁判手続により後遺障害14級相当から12級相当へ認定が変更された事例
NEW 【後遺障害11級相当】画像所見が現れていないケースで後遺障害が認定された事例
NEW 弁護士の介入により事前に提示された示談金が増額された事例
NEW 後遺障害認定されなかった負傷部位について異議申立等対応した結果,交渉で慰謝料が増額された事案
NEW 【後遺障害11級相当】治療段階からの介入で適切な後遺障害等級認定(11級)がされた事案
NEW 裁判で整骨院の施術費全額が損害として認定された事案
NEW 後遺障害なしの示談提示が弁護士介入後の被害者請求によって後遺障害等級併合14級の認定を受けた事案
1 後遺障害等級12級相当外傷性頚部症候群等で耳鳴りや手足の痺れが残ったが,他覚的所見が乏しかったにも関わらず,12級相当との判断がなされ賠償金1,000万円を被害者請求で獲得した事例
2 【後遺障害等級14級9号30代会社員の女性が外傷性頚部症候群と診断され14級9号の認定を受け混合性不安抑うつ症についても弁護士による保険会社との面談により慰謝料額に考慮を受けられた事例
3 【後遺障害等級7級4号びまん性脳損傷と頚椎捻挫により高次脳機能障害で7,500万を賠償された事例
4 死亡事件】刑事記録をもとに事故態様を明らかするなどして、裁判外で裁判基準の解決が図れた事例
5 【後遺障害等級14主婦が加害車両により側面から衝突され、むちうち症やめまいの後遺障害を負った後遺障害14級相当の事案
6 【後遺障害等級14級9号自営業の男性が左母指CM関節脱臼で後遺障害認定を受け、逸失利益の基礎収入額の認定について裁判基準で解決できた事例
7 【後遺障害等級12級13号駐車場内で車にひかれ、認定前に弁護士が介入した結果12級13号が認定された事例
8 【後遺障害等級非該当女性会社員の方のむち打ち症の後遺障害非該当の事案
9 【後遺障害等級併合14級男性会社員が追突され頚部及び腰部に遺障害を負った後遺障害併合14級の事案
10 【後遺障害等級14頚椎胸椎捻挫、肩甲帯挫傷で14級が認められた自営業男性が通院治療費のうち、一部は症状固定後の支出であるため、支払いの必要性がないという保険会社の主張に粘り強く交渉し認めさせた事案
11 【後遺障害等級併合14級9主婦の方のむち打ち症による後遺障害14級9号の事案
12 後遺障害等級併合8級看護士が後十字靭帯損傷、腓骨神経麻痺等で併合8級をとり4,000万円の賠償金を得た事例
13 【後遺障害等級14級9号14級9号を獲得した被害者の正座をしたい希望を優先し治療費を保険会社の打切りより長期で認めさせた事案
14 【後遺障害等級13級5号】歯牙破折の傷害(13級5号)を負った被害者について,インプラント治療費,将来のインプラント更新費,メンテナンス費等が認められた事案
15 【後遺障害等級併合2級】脳挫傷による記憶障害,性格変化等の高次脳機能障害につき3級3号,嗅覚脱臭につき12級相当の後遺障害を負った被害者について,2500万円の示談提示を,将来介護費等を含め1億円に増額した事例
16 【後遺障害等級14級9号】 頸椎捻挫で14級の認定を受けた会社役員の被害者につき,適正な後遺障害逸失利益の認定がされ,160万円の示談提示を,360万円に増額和解した事案
17 【後遺障害等級7級4号】 高次脳機能障害で7級の被害者について,示談交渉により損害賠償額を大幅に増額するとともに,人身傷害保険の保険金も含めて6000万円で解決した事案
18 【後遺障害等級非該当】 地元のメリットを活かして早期の医師面談により主治医の協力のもと後遺障害等級認定手続きを実施できた事案
19 【後遺障害等級14級9号】 非該当から異議申立をして14級が認定された事案
20 【後遺障害等級12級13号】 詳細な後遺障害診断書の作成により後遺障害等級12級の認定を受けることができた事案
21 【後遺障害等級併合11級】 後遺障害等級併合11級の高齢の被害者について,家事従事者として適切な損害賠償金を取得した事案
22 【後遺障害等級14級9号】 症状固定時に左足甲部痛を残す被害者について,後遺障害等級認定サポートにより,14級9号が認定された事案
23
【後遺障害等級14級9号】 異議申立14級の被害者について,事故前年度の収入を上回る実質的な損害の賠償を受けた事案
24 【後遺障害等級14級9号】 加害者が赤信号を意図的に無視していることを理由に慰謝料の増額が認められた事案
25 【後遺障害等級12級13号】自転車で走行中の事故により後遺障害12級の被害者について,逸失利益の算定にあたって自賠責保険よりも高い喪失率が認定された事案
26 【後遺障害等級14級9号】 勤務中の過失による交通事故について,労災補償で十分な治療を受けつつ,残存する後遺障害につき14級の認定がなされた事案 
27 【後遺障害等級14級9号】 頚椎捻挫で症状固定前から受任し,医師面談のうえ詳細な後遺障害診断書を取得できたことで14級の認定がなされた事案 
28 【後遺障害該当なし】 早期解決事例!
29 【後遺障害等級11級4号】 ひき逃げ事故により後遺障害11級4号の障害を負った被害者が事故直後からのサポートにより通常の基準から増額した慰謝料を受け取ることができた事案
30 【後遺障害該当なし】治療費の支払いを拒否された被害者が訴訟提起により判決で賠償を受けることができた事案
31 【後遺障害併合11級】症状固定前からのサポートで併合11級の認定を受けるとともに,生活保護受給中であっても逸失利益が認定された事案
32 【後遺障害3級3号】自転車乗車中の事故で,高次脳機能障害により3級3号の後遺障害を負った被害者について,裁判外で,在宅介護へ移行する蓋然性があることを前提に将来介護費の賠償を受けることができた事案
33 【後遺障害該当なし】治療費の打ち切りを防ぎ,過失割合についても無過失であるとの主張が認められた事案
34 【後遺障害該当なし】弁護士の介入で示談金が増額した事案
35 【後遺障害14級9号】弁護士の介入で適正な治療と後遺障害等級認定が受けられた事案
36 【後遺障害なし】弁護士による示談代行
37 【後遺障害14級9号】適正な賠償金額
38 【後遺障害併合11級】後遺障害と医師面談
39 【後遺障害併合8級】自転車乗車中の事故で併合8級の認定を受け,慰謝料の増額も認められた事案
40 【死亡事故】被害者が自転車での走行中に自動車と接触し,重症頭部外傷,急性硬膜下血腫、脳挫傷を負い,数日の入院後死亡した事案
41 【後遺障害なし】被害者が自転車での走行中に路地から飛び出してきた自動車と衝突し,頸椎捻挫,背部挫傷,左膝関節捻挫,左外傷性膝関節炎を負い,訴訟にて和解に至った事案
42 【死亡事故】歩行中に飲酒運転の自動車に後方からはねられ死亡した事案
43 将来介護の必要性が争点となった事案
44 逸失利益の計算上の基礎収入をどのように認定するのかが問題となった事案
45 事故態様(過失相殺)が重大な争点となった事案
46 一人暮らしの無職女性に逸失利益と休業損害が認められた事案
47 後遺障害なしの示談提示が,弁護士介入後に14級の認定を受けて大幅増額した事案
48 主治医との信頼関係を築き,長期の治療費負担と後遺障害等級を獲得した事案
49 【後遺障害12級13号】後遺障害逸失利益について就労が可能とされる67歳までの22年間の逸失利益を獲得した事例
50 傷害慰謝料(入通院慰謝料)の算定
51 入院治療の必要性が争点となり,裁判で治療費全額が認定された事案
52 【後遺障害等級11級7号】弁護士が介入して賠償金額が約800万円増額された事案
53 【後遺障害11級相当】自賠責保険における後遺障害が非該当であったが,訴訟で11級相当の後遺障害が認められ,1400万円程度の増額がなされた事案

初回相談料金0円、着手金0円、交通事故のご相談はラグーン若松へ!083-234-1436 年中無休 平日 9時~18時 土・日・祝 10時~16時 WEB相談 お問い合わせはこちら 

HOME

事務所紹介

弁護士紹介

相談の流れ

解決事例


Contents Menu

  • 本店 Map
  • 本店

事務所概要

  • LAGOON  LEGAL CORPORATION 弁護士法人ラグーン 本店住所 山口県下関市南部町2番7号 シーサイドオフィス住所 山口県下関市南部町20-20 1階
  • 法律相談のご予約 年中無休 平日9時~18時  土・日・祝10時~16時 083-234-1436

アクセスはこちら

対応エリア

 
弁護士法人ラグーン 事務所サイトはこちら 弁護士法人ラグーン 債務整理サイトはこちら弁護士法人ラグーン 離婚サイトはこちら 
sozoku.png弁護士法人ラグーン交通事故サイトはこちら
弁護士法人ラグーンのBlog