死亡事故の損害賠償

死亡事故に関しては、お怪我をされたケースとは若干異なる点を考慮する必要があります。

交通事故により死亡事故が発生することは、すなわち、遺族の方が加害者(加害保険会社)に損害賠償請求の手続きをしないといけないということを意味します。

皆様の大切な方が交通事故に遭われ、お亡くなりになられてしまった場合、被害者の方の悲しみは計り知れません。

resized_writing-1149962.jpg


また、葬儀の後から次から次にさまざまな問題が発生し、交通事故の被害について冷静に余裕をもって加害保険会社と交渉することは、大変な負担の場合も多いと思います。


しかし、被害者がこうむった損害は、被害者の遺族の方が被害者に代わって請求するしかありません。そこで、このような問題を踏まえて、私たちは、皆様の損害賠償請求、交渉を全面的にサポートしています

 

被害者遺族が加害者に請求できる損害賠償は下記の4つになります。

死亡事故の損害賠償の4分類

 


分類 項目
A 死亡するまでの怪我による損害 救助捜索費、治療関係費、休業損害など
葬儀費 戒名、読経料、葬儀社への支払いなど
逸失利益 本人が生きていれば得られたはずの収入
慰謝料 被害者および遺族に対する慰謝料


 

葬儀費

葬儀そのものにかかった費用や49日の法事の費用、仏壇購入費、墓碑建立費が認められる場合もありますが、自賠責保険では60万円までとされています。一方で弁護士会の基準では、130万円~170万円程度が適切とされております。香典返しなどの費用は認められません。

 

慰謝料

被害者が死亡した場合は、被害者の遺族が被害者本人の慰謝料、ならびに遺族の固有の慰謝料を請求することができます。慰謝料も自賠責保険の基準、任意保険の基準、裁判の基準によって慰謝料の金額が大きく異なりますので注意して確認しておくことが必要です。

 

裁判の基準の慰謝料

 

ケース 慰謝料金額
一家の支柱の場合 2,700~3,100万円
一家の支柱に準ずる場合 2,400~2,700万円
その他の場合 2,000~2,400万円

 

自賠責保険の基準の慰謝料

対象 ケース 慰謝料金額
被害者本人 - 350万円
被害者の父母、配偶者、子 遺族が1名の場合 550万円
被害者の父母、配偶者、子供 遺族が2名の場合 650万円
被害者の父母、配偶者、子 遺族が3名以上の場合 750万円


※死亡者に被扶養者がいる場合には、200万円が加算されます。

 

任意保険の基準の慰謝料(現在は廃止されている従来の基準)

ケース 慰謝料金額
一家の支柱であった場合- 1,450万円
高齢者(65歳以上で一家の支柱でない場合) 1,000万円
18歳未満(有職者を除く) 1,200万円
上記以外(妻・独身男女) 1,300万円


※任意保険の統一基準は廃止され、現在各保険会社が独自に支払い基準を作成しています。
従来の基準に準じている保険会社では、自賠責保険の基準よりも少し高い金額が採用されていることもあります。

死亡事故に関する解決事例はコチラ>>

ラグーンの解決した死亡事故に関する事件一覧


NEW 【死亡事故】被害者が自転車での走行中に自動車と接触し,重症頭部外傷,急性硬膜下血腫、脳挫傷を負い,数日の入院後死亡した事案
1 死亡事件】刑事記録をもとに事故態様を明らかするなどして、裁判外で裁判基準の解決が図れた事例




初回相談料金0円、着手金0円、交通事故のご相談はラグーン若松へ!083-234-1436 年中無休 平日 9時~18時 土・日・祝 10時~16時 WEB相談 お問い合わせはこちら 

HOME

事務所紹介

弁護士紹介

相談の流れ

解決事例